名刺作成

福田剛大さんの絶対選ばれる!ビジネスプロフィールのつくり方を買ったら・・

投稿日:

fukudasan
アマゾンキャンペーンで福田剛大さんの「絶対選ばれる!ビジネスプロフィールのつくり方」を買ったら、なんとランチ会にお誘い頂く事となり、このあいだ中目黒の路地裏にある隠れ家イタリアンダイニング「バランチェッタ」さんへ行ってきました。素敵な料理も良かったのですが、一緒に参加されたワタシ含めて3名の方がそれぞれ、福田さんからアドバイスを受ける事が出来たのが良かったです。またミニセミナーの質疑応答のような感じでざっくばらんに、お話を伺え、本当に有意義なランチ会となりました。
b
今回のランチ会に行って、直接福田さんとお話させて頂き、改めてこの本を読むと、福田さんが直接しゃべってくれているような感じがして、本を読むワタシの姿勢が変わりました。参加して良かった事の一つです。

今回の、ポイントを備忘録として書き出しますと、以下になります。コレはあくまでワタシが理解した内容なので、福田さんのおっしゃった内容と異なる解釈をしてしまっている場合もありますが、あしからず。

名刺編

  • 名刺には顔写真を入れる(なるべく大きく)
  • 予定調和もインパクトがある(表が横書きなら裏面が縦書き)
  • 誰に渡すかを考えて整理して作ると反応が変わる
  • 図にして伝える
  • お客様の声を入れる(なぜ依頼してくれたのか、を書く)きっかけだけでも。
  • 生の声からコピーを作る(そのまま伝える)←福田さんが名刺を作る立場のときです。
  • 香りをいれてもいい(五感を刺激する)鼻から脳を刺激する。
  • クロージングをしない(そもそもクロージングという言葉って?)
  • 縦に開くカタチより横に開くカタチがいい(4面名刺の場合)
  • プロフィールに自慢はNG(成果を叩き出す!など)
  • いい名刺って渡した時に、にこやかになる。

 セミナー編

  • しゃべる時に首を振る(以外に両はじまで声が届かない場合があるそうです)
  • 意識を相手に向ける(自分に向くとあがってしまう場合がある)
  • 今日のポイントはここです!と最初のほうにいう。
  • ねむくなったら写真を撮って、フェイスブックで投稿してもらって構いませんと言う。
  • 携帯の着信音も面白かったら、鳴らして頂いて結構です(笑)という。

 

名刺に関しては観る人(渡す人)を想定して、どれだけ共感をえられるかがポイントかなと思いました。

最近ワタシも名刺を渡す機会がますます多くなっていますので、更に見直していきます。

個人的にアドバイス頂いたのが非常に面白かったので、今作り直しているワタシのホームページで、少しづつ取り入れます!

この本オススメです。(ワタシはP124のお客に罵られた、保険屋さんを例にあげて解説する箇所が、インパクトがあって好きです!)

あと、福田さんのランチ会やセミナーもオススメです。(直接、福田さんとお会いすれば、本を読んだ際に自分の中に取り込んでいける内容が劇的に変わると思います。)
fukuda

最後まで読んでいただき
本当にありがとうございました。

ランキングに参加中!
ポチっと頂ければサイコーです。
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村


神奈川県川崎市 ブログランキングへ


-名刺作成
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

名刺を制作しました(中小企業家同友会と川崎中原工場協会バージョン)

横浜GOGOデザイン秦(SHIN)です。 最近、経営者の会(中小企業家同友会 や川崎中原工場協会)に参加する 機会が増え名刺交換の機会が増えたのに 昔のバージョンが見づらかったので ちゃっちゃと作り直 …

no image

販促用(ノベルティー)に、ちょっとお洒落な物をお探しの方にオススメ!

関連記事 穂の香のパン屋さん。 青葉区あざみ野「タフ」お寿司屋さんの看板です。 めん処しかた  リフォームを横浜市青葉区で行う【ティーズリビング様】の以前の看板

秦 洋一 プロフィール

img

昭和41年九州は小倉生まれ。
魚座のAB型。

父親の転勤で、幼少の頃、
淡路島に移り高校卒業まで
明るい太陽のもとのびのび
と育つ。

大学卒業後、テレビ・ラジオ
・イベント等の制作会社に
勤める。31歳の時に友人と
広告代理店を創業。取締役
として、会社を成長させる。

広告代理店時代は、年間
200~300件の雑誌広告・
カタログ・ホームページ・
ポスターの制作に携わり、
同時にクライアントの
パブリシティー活動をも
行う。多くのお客さまの
売上アップに貢献し、
年商3000万円の会社から
2億円になる会社の販促を
サポートする。

その後インターネットの
可能性に新たな展開を見い
だし独立する。
当初はマシュマロスタジオ
のプロデューサーとして
大企業のホームページ制作
案件に多数携わる。

さらに大企業案件では決し
て得ることのできない感謝
の声を求め、また魅力溢れる
小さな会社を応援したいと
思い、横浜市青葉区に
「横浜GOGOデザイン」を
立ち上げる。

「お客様のサービス」の魅力を
わかりやすくホームページで伝える事に
より、売上アップを実現。

2015年より、株式会社チタンの
WEBディレクターとして
多くの工務店樣、住宅会社様の
ホームページ制作に携っている。