営業

営業の仕事を可視化すると起こる5つのメリットとは?

投稿日:2014年4月1日 更新日:

私が最近仕事(営業)に
対し効果があるな〜
と思う事の一つに、

仕事を可視化する

という事があります。

私のマーケティングの
師匠に教えてもらって
始めたのですが、
これ凄く効果があります。

可視化=表に書き出し毎日確認する。

エクセル表に、お客様との接近度や
どれくらいの頻度で会っているか?
等をお客様ごとに書き込みます。
(まだお客様になっていない人も)

そうする事で、今までぼんやりして
いたお客様や見込み客との関係性や、
接触頻度が一目でわかるように
なります。

さらに可視化にはたくさんの
メリットがあります。
(接触頻度が高く仲が良い人
とそうでない人を段階で分けて
リスト化します)

メリットその1

お客様と会う機会が増える。

表に書き出して確認する事
により、このお客様とは
接触してないなと思えば
連絡してみたり、メールして
みたり、意識する事により、
接触頻度があがります。

メリットその2

毎日確認できる。

毎日確認する事により、
仕事のやり忘れ防止にも
なりますし、足りてない事
なども見えますので、
今日やるベキ事や将来の為に
やらなければいけない事も
見えてきます。
(緊急でやらなければならない事と
将来の為にやらないといけない事が
表になっているので、
優先順位をつけて
やっていく事も
やりやすくなります)

また仕事全体を意識できます。

メリットその3

仲良くなった人を忘れない。

せっかく仲良くなったのに
連絡をしないまま、疎遠に
なってしまうのはとっても
もったいないです。
表にして、確認して
まめに連絡をとる事により
接触回数を増やす事が
可能になります。

メリットその4

仲が良くなって来ている人が
すぐにわかる。

すぐに、売り込みをすると
押し売りになりますが、
先方が求めてくるならば
きちんとした提案をすべきです。
(背中を押してあげられるような)
その為に関係性も一目でわかるように
しておけば、無駄な売り込みを
しなくても良くなります。

メリットその5

明らかに接触していない人がわかる。

優先順位としては、後のほうですが、
売り込みなしに接触しているうちに
仲良くなって、いつか一緒にお仕事が
できる日がくるかもしれません。
しかし、求められてもいないのに
積極的に提案はいたしません。
が、ライトな接触は続けて
いくようにします。

このように、既にお客様だけど
リピートして欲しい人や
これからお客様となりえる
人との関係性や接触頻度を表に
してみて、自分自身の営業を
俯瞰で観る。

そうする事によって
自分の営業努力を省みる
事ができます。

お客様との接触頻度
接近度がMAXになった時、
その時こそがあなたの
精一杯の提案をぶつけるときです!

表とにらめっこしながら
接触頻度をMAXにする人を
増やしあなたの魅力を思い切り
ぶつけてみてはいかがでしょうか?
(自分へのハッパとしてこの
記事を書いていますw)

で、その表を自分以外の人(上司や
コンサルタントの人)に報告する事を
義務づけるとさらに効果が高まります。


-営業
-,

執筆者:

秦 洋一 プロフィール

img

昭和41年九州は小倉生まれ。
魚座のAB型。

父親の転勤で、幼少の頃、
淡路島に移り高校卒業まで
明るい太陽のもとのびのび
と育つ。

大学卒業後、テレビ・ラジオ
・イベント等の制作会社に
勤める。31歳の時に友人と
広告代理店を創業。取締役
として、会社を成長させる。

広告代理店時代は、年間
200~300件の雑誌広告・
カタログ・ホームページ・
ポスターの制作に携わり、
同時にクライアントの
パブリシティー活動をも
行う。多くのお客さまの
売上アップに貢献し、
年商3000万円の会社から
2億円になる会社の販促を
サポートする。

その後インターネットの
可能性に新たな展開を見い
だし独立する。
当初はマシュマロスタジオ
のプロデューサーとして
大企業のホームページ制作
案件に多数携わる。

さらに大企業案件では決し
て得ることのできない感謝
の声を求め、また魅力溢れる
小さな会社を応援したいと
思い、横浜市青葉区に
「横浜GOGOデザイン」を
立ち上げる。

「お客様のサービス」の魅力を
わかりやすくホームページで伝える事に
より、売上アップを実現。

2015年より、株式会社チタンの
WEBディレクターとして
多くの工務店樣、住宅会社様の
ホームページ制作に携っている。